MURMUR院長のつぶやき

*

東山デンタルクリニック院長の、ひとりごと

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

皆様はどのような新年を迎えられた事でしょうか?

昨年は新型コロナウイルスの感染拡大に振り回された一年でした。

日常生活におけるマスクの常用や手指の消毒の徹底にはじまり、不要不急の外出や人と人との接触機会を減らす事など、日々の活動の様々な場面で制限がかけられるという異常な年になりました。

私たち歯科医療業界は、マスクやグローブを初め消毒液や医療用ガーゼなど様々な医療物資が不足し、その確保に奔走しました。一方でメディア等で歯科治療は感染のリスクが非常に高いため受診を控えるようにと報道され、患者さんの歯科診療控えがあり、我々も患者さんも困惑しました。

このような感染拡大による診療控えまたはストレスや生活習慣の変化によりう蝕が急増しているという報告があります。また口腔ケアが行き届かず、歯周病や誤嚥性肺炎のリスクが高まる懸念も叫ばれています。

口腔ケアにより感染のリスクを抑えられると言う報告がある一方、歯科医師会からは日頃より感染対策に力を入れている歯科業界ではクラスターなど今の所起こっていないとのアナウンスがありました。

当院ではこの機会に感染対策、機器の滅菌について考え直し、新たに世界水準の滅菌器を増やし、安心安全な医療環境を整備しております。

様々な困難が立ちはだかる今日この頃ですが、来院される皆様の口腔ケアを続けることでコロナ禍を少しでも早く収束させると言う気概を持って日々診療に当たっております。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年10月
5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページの先頭へ戻る